税務上の土地評価でこんなお悩みありませんか?

間違っているかもしれない、と不安になる     減価要因の見落としがないか、専門家にチェックしてもらいたい     申告期限が迫っていて時間がたりないとき、正確に素早く評価作業を終わらせたいと思う     評価単位の分け方はこれでいいのだろうか?     年度末の忙しくなる前に、申告の目途を立てたい     図面をきれいに作って税務署の印象を良くしたい     資産税部門もあり、それなりにノウハウも持っているが、これでいいのだろうか、という不安な案件だ     他社に土地評価してもらったが、どうも納得いかないので、セカンドオピニオンが欲しい
日本全国対応致します!
みらい総合鑑定株式会社
代表 鎌倉 靖二(かまくらせいじ)
  • 不動産鑑定士
  • 宅地建物取引主任者
  • ファイナンシャルプランナー

プロフィールはこちら >>>

地代の額、借地権、賃借権、雑種地、セットバック、市街地山林、近傍標準宅地㎡単価等、評価方針に迷う土地だ
土地評価でお悩みの先生のための「土地評価サポートパック」とは

業務時間を短縮し、リスクを軽減する「調査報告書」とは?


こんにちは、不動産鑑定士の鎌倉靖二です。

この未曾有の不況期、顧問先の社長は所長である先生に経営指導に来てもらいたがっていませんか?
顧問先が倒産すれば先生の事務所も1件顧問先を失うことになります。
ですから所長自らが飛び回って経営指導をしているケースが多いのではないでしょうか?

そんなとき、相続案件は突然やってきます、時期や景気に関係なく。相続案件は申告リスクがあるものの、高い収益が見込める。ぜひ受託したい。でも時間がない・・・急いで評価業務を行って、過大評価・過小評価してしまえば納税額に影響し、専門家としての責任を問われます。

もちろん、土地評価業務は相続税申告業務のほんの一部です。
しかし時間がかかる業務ですから、ここがスムースにいけば、あとは流れるように進捗するはずです。

調査業務をアウトソースすることで業務時間を3分の2に短縮できます。

今までは2件しかこなせなかったのが、同じ時間で3件こなせるようになるということです。
逆に売り上げは30%アップです。

ノウハウが蓄積されれば、将来的にはこの業務も所員の方に担当してもらえばよいと思います。
プロが調査業務にかける時間を知っていれば、所員の業務時間のベンチマークにもなりますので、より効率化が図れます。

また、ご希望であれば所員の方に、現地及び役所調査に同行して調査手法をお教えすることもできます。

ですのでまずは1件、試してみてはいかがでしょう。

お手元に届く「調査報告書」がどれほど業務時間短縮に貢献するかを実感することができるでしょう。
しかも、評価減となる要素を見逃さずプロが調査しますのでリスは軽減できます。また不安を感じることなくスッキリした状態で申告できます。

なお、これまでの調査依頼実績は関東を中心に204評価単位、筆数にすれば700を超えると思います。(H22.4月~H23.7月の16ヶ月間)
多くの実例が蓄積されておりますので、土地評価サポートパック(現地調査、役所調査、図面作成)をご活用ください。


土地評価サポートパックとは?

評価明細書がすぐ作れる段階まで専門家がもれなく調査いたします。評価単位の分け方だけでなく、現地調査、役所調査、図面作成全てをパックでサポートいたします。

土地評価サポートパック(現地調査、役所調査、図面作成)の詳細

  • 調査対象不動産概要
  • 調査結果サマリー
    • 現況地目
    • 間口
    • 奥行き
    • 敷地形状
    • 道路との関係
    • 地区区分
    • 赤道、青道の有無
    • 宅地の評価方式(路線価・倍率)
    • 土地の上に存する権利
    • 都市計画道路の有無
    • セットバックの有無
    • 無道路地(該当・非該当)
    • 利用価値の著しく低下している宅地(該当・非該当)
    • 広大地適用可能性の有無
    • 造成費控除の可能性の有無
    • 1宅地内の容積率の違いによる減価の有無
  • 土地及び土地の上に存する権利の評価について調整率表適用数値
  • 地価動向等
  • 評価上の留意点
  • 不動産の表示
  • 画地条件等
  • 行政条件等
  • 各種収集資料を添付
    • 道路台帳の写し
    • 現地写真 etc.

※想定整形地図面、役所にて取得した資料を添付

※図面作成は多くの建築士が使用する2次元汎用CADソフト「Jw-cad」を使用

図面サンプルはこちら
サンプルイメージ

画像を拡大する


先生方のメリット

  • 不安なく安心して申告できる 
  • 減価要因の見落としがなくなる 
  • 早く正確に評価作業が終わる
  • 更正屋に狙われる心配がなくなる 
  • 申告期限に間に合う 
  • 専門家の現地調査、役所調査のノウハウがわかる
  • きれいな図面添付で税務署の印象も良くなる
  • 評価単位の分け方で悩まなくて済む
  • 自分が出した評価に自信が持てる

ご料金

東京、埼玉、千葉、神奈川 1評価単位  80000円(税込) 上記以外の地域 1評価単位 105,000円(税込)+交通費実費

なお、評価対象地が複数ある場合は割引がございます。


土地評価サポートパック お申し込みフォーム

事務所名 ※
お名前 ※
TEL ※
E-Mail ※
備考欄(具体的にお悩みがあればご記入ください)

フォーム入力後の流れは以下の通りです。

フローチャート
評価明細書がすぐ作れる段階まで専門家がもれなく調査いたします。
土地評価サポートパックお申し込みはこちら
お急ぎの方は 03-5909-1767 へお電話ください。

過去の土地評価相談エリア

私の過去の経験、鑑定評価のスキルがありますので日本全国対応可能です。

無料診断及び机上調査は日本全国47都道府県すべてで実績があります。

現地に赴いての調査及び評価は、以下の都道府県で経験があります。
北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、栃木県、茨城県、新潟県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都、山梨県、富山県、石川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、京都府、香川県、鳥取県、島根県、広島県、岡山県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

税理士会等での研修・セミナーは以下で経験があります。
北海道、宮城県、福島県、山形県、栃木県、茨城県、新潟県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都、山梨県、富山県、石川県、福井県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、大阪府、京都府、鳥取県、島根県、広島県、岡山県、山口県、福岡県、長崎県、鹿児島県、沖縄県

(平成30年3月1日現在)

土地評価サポートパック お申し込みフォーム

事務所名 ※
お名前 ※
TEL ※
E-Mail ※
備考欄(具体的にお悩みがあればご記入ください)