• HOME
  • > 「庭内神し」(ていないしんし)の敷地の評価②

「庭内神し」(ていないしんし)の敷地の評価②

庭内神しの敷地の評価にあたっては、

国税庁の情報の①~③を明確に説明し、


「その設備(庭内神し)と社会通念上一体の物として

日常礼拝の対象とされているといってよい程度に密接不可分の関係にある

相当範囲の敷地や附属設備である場合」


に該当するとして、その面積を割り出し対象面積から除外します。


 「庭内神し」の敷地は非課税財産には該当しない、

という国税不服審判所での採決((平22. 3. 1 東裁(諸)平21-124))が

出ていましたので、今回の「『庭内神し』の敷地は非課税財産」という

情報は納税者側に譲歩した国税庁の判断といえます。 


また、従来は個人ではなく地域住民のための

いわば公的な信仰対象であれば「非課税ではなく減価」できる程度でしたので、

減額の適用範囲が広がったといえるでしょう。


 庭内神し等が「敷地のどの位置にあり、それがどの程度地域住民や

その土地所有者の信仰対象となっているか、

どのような経緯から設置され現在に至ったか」がポイントといえるでしょうが、

毎度のことながらこれも明確な規定とはいえず、

この判断は、かなりグレーゾーンなので

税務署ごとに対応は異なるものと思われます。


しかしこのような時こそ、納税者有利の是認実績を作って、

先生方の管轄税務署内で通じる「判断基準」を植え付けておくのもいいかもしれませんね。

なお、この規定と広大地(財産評価基本通達24-4)は重複適用可能と

思われますので、「庭内神し」の敷地の面積を対象地面積から控除し、

控除後の面積に対し、広大地評価すればよいでしょう。



Copyright(c)2011 不動産鑑定士による土地評価SOS.All rights reserved.