「庭内神し」(ていないしんし)の敷地の評価①

屋敷内にある神の社や祠など

「庭内神し」(ていないしんし)の敷地の評価規定について、

今年2012年の7月に国税庁HPで情報が開示されましたので今回はこれを解説します。


「庭内神し」とは、一般に、屋敷内にある神の社や祠等といった

ご神体を祀り日常礼拝の用に供しているものをいい、

ご神体とは不動尊、地蔵尊、道祖神、庚申塔、稲荷等で特定の者

又は地域住民等の信仰の対象とされているものをいいます。


 そもそも「墓所、霊びょう及び祭具並びにこれらに準ずるもの」は

相続税法12条1項2号で非課税財産とされており、

「これらに準ずるもの」とは、庭内神し、神たな、神体、神具、仏壇、位はい、仏像、仏具、古墳等で

日常礼拝の用に供しているものをいうのであるが、

商品、骨とう品又は投資の対象として所有するものはこれに含まれないものとする。」

とされています。(相続税基本通達12-2)


 これまでは、「庭内神し」自体は墓所、霊びょう及び祭具に準ずるものとして

非課税扱いでしたが、その敷地は別個のものとして課税対象となっていました。


この「庭内神し」の敷地の扱いについて、

国税庁HPで、2012年7月に以下のように情報が出されました。


国税庁HP

http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h24/teinai/01.htm


これに対し、実務ではどう対応したらよいのか、次の②でお伝えします。


Copyright(c)2011 不動産鑑定士による土地評価SOS.All rights reserved.